2019年2月18日月曜日

冬のたべまな、あったかく開催中

たくさんのご支援ありがとうございます!

2018年12月〜2019年2月までに、「学術書チャリティ」を通じて33,458円ものご支援を頂戴しました。日本各地からのたくさんのご支援に、心から感謝いたします。いただいたご寄付は、こどもたちの孤立を防ぐ居場所「まかないこども食堂たべまな」の運営資源として大切に活かしてまいります。


こどもたちに信頼される場であるために

野田市で起きた痛ましい虐待の事件は、こどもたちにも少なからず影響を与えているようです。
たべまなへも、「先生だけに相談したことが親に伝わっていた」「施設の人に相談したことが、知らないところで学校の先生に話されていた」「匿名のアンケートだったのに、誰が書いたのか調べられた」という声が寄せられています。

教育や児童福祉において、こどもの秘密が「こどものために」の名目で軽んじられ、こどもの人権が侵害されていることは多々あります。
野田市の件は論外ですが、相談内容や情報をこどもの許可なく外部に伝えることの多くは「こどものために」行われており、情報を漏らすおとなたちは半分以上本気で「こどものため」を思っている場合もあります。

たしかに、おとな1人やひとつの機関だけでは対処できない大きな悩み事(虐待や「死にたい」という訴え)の場合、きちんとこどもを守るために、外部の他の機関と協力しなければならないことがたくさんあります。秘密を守るために抱え込んでしまっては、かえってこどもの安全が脅かされてしまうことがあるのです。

しかしそれでも、もしそのおとなとこどもとの間に信頼関係があれば、こどもに無断で秘密を漏らすことはあり得ないはずです。
信頼関係のもとに対話すれば、こどもと「どうするのが最善か」を共有できるからです。

こどもに無断で秘密を漏らすおとなたちは、不安なのではないでしょうか。それは、「この子との間に信頼関係がないのではないか」という不安。「この子に信頼されていないかもしれない」という不安があるから、説明に自信がなく、断りもなく秘密を漏らしてしまうのかもしれません。

こどもの安全が心配だ、それも正直な気持ちでしょう。でもそれ以上に、「この子に信頼されていないかもしれない」という不安が、大切な秘密を軽んじる姿勢の根っこにあるのだと思います。

まず信頼されるおとなになる。そしてこどもを信頼する。
一度損なわれてしまった信頼を取り戻すのは容易ではありません。

「おとなが信頼できません。こんなに良くしてくれるのにごめんなさい」と謝ってきた子がいます。私たちの不安による軽はずみな行為が、こどもの信頼を損なうばかりでなく、罪の意識を植え付けてしまうのです。

こども食堂やこどもの居場所が各地に増え、SNSでの相談も普及し、悩みや困難を抱えたこどもと接するおとなの数も増えました。そんな今だからこそ、こどもとの信頼関係の価値について何度も何度でも確認し広く共有しなければならないと思っています。
 
私たちたべまなは、こどもたちとの信頼関係を何よりも大切に、常に「こどもファースト」の姿勢であり続けます。
 
 
 
たべまな(KAKECOMI)の活動はFacebookページで随時発信中です。ぜひフォローしてください。
 
引き続き応援をよろしくお願いいたします。

2018年11月7日水曜日

たべまなハロウィンパレード!

たくさんのご支援ありがとうございます!

2018年10月に、「学術書チャリティ」を通じて12,465円ものご支援を頂戴しました。日本各地からのたくさんのご支援に、心から感謝いたします。いただいたご寄付は、こどもたちの孤立を防ぐ居場所「まかないこども食堂たべまな」の運営資源として大切に活かしてまいります。
 

ハロウィンパレード 開催!

いつも「まかないこども食堂たべまな」をご支援くださりありがとうございます。
10月29日はハロウィンパーティ 。たくさんの方からカンパをいただき、こどもたちみんなで仮装しました。 せっかく仮装するのに家の中だけにいただもったいないよね...ということで、今年は街に出ちゃいました。
 


地域の多くの方にご協賛いただき、こどもたちが仮装行列を作ってご近所を巡って
 
Trick or Treating !

協賛各店舗・個人宅さまでお菓子をもらっちゃいました。

【協賛者様ご紹介*リンク有】
Uさま
 
ご協賛ありがとうございました。
新白河に移転して3年、こどもたちが「街に出る」初めての企画でした。
外に出ることに、そして初めての人に会うことに、ちょっと抵抗がある子もいます。でもパレードには全員参加。それができたのは、仮装が勇気をくれたことと、そしてみなさまが温かく迎えてくださったからです。
改めて御礼申し上げます。

それでは、ハロウィンパレードとこだわり仮装 の写真アルバムをどうぞ 🎃




シェフはゾンビ退治から帰還したSWAT隊員

律儀にエプロンをつけて調理中のジェイソン。シュールです


ナノクリエイトさまで記念撮影

仲良しガールズはヅラじゃなくて桂・ウェンズデイ・執事のセバスチャン・メイド

キュートなアリス・エルフ・メイド

ゾンビガールズとカオナシさん

お客様はバカボンのパパとキャッツ

店主のクルエラとダルメシアンな仲間たち

LUSH JAPAN さまからはバスボムのプレゼントが! ありがとうございます!

多くの方のご協力・ご協賛で、楽しいハロウィンになりました。
いつもここに当たり前にある。そして、たまに特別。これからもたべまなは、そんな居場所でありたいです。

たべまな(KAKECOMI)の活動はFacebookページで随時発信中です。ぜひフォローしてください。
 
引き続き応援をよろしくお願いいたします。
 





2018年8月26日日曜日

夏のたべまなレポート

たくさんのご支援ありがとうございます!

2018年7月に、「学術書チャリティ」を通じて3,668円ものご支援を頂戴しました。日本各地からのたくさんのご支援に、心から感謝いたします。いただいたご寄付は、こどもたちの孤立を防ぐ居場所「まかないこども食堂たべまな」の運営資源として大切に活かしてまいります。
 

明日から新学期。学校がしんどい時は、たべまなにおいでよ。

夏休み明けは学校に行くのがいちばんつらい時期。
学校を想像してからだがいやな反応をしたら、こころが苦しくなったら。まず、たべまなからはじめてみませんか?
たべまなは、学校でも家でもない、第三の居場所です。

チャリティBBQ2018、盛大に開催されました。

夏休みのお楽しみ、超ゴージャスな話題のBBQ大会。総勢50名の参加で大盛り上がりでした。 築地場外市場有志のみなさま等からご提供いただいた黒毛和牛等のお肉、ご近所のみなさまからの美味しい差し入れに舌鼓をうち、最後はスイカ割りと花火。
ご来場の皆さまから総額43000円ものカンパも頂戴いたしました。みなさまのご参加、ご支援に心から感謝いたします。
 
































たべまな(KAKECOMI)の活動はFacebookページで発信中です。ぜひフォローしてください。

2018年6月20日水曜日

森のたべまな、準備中

たくさんのご支援ありがとうございます!

2018年4月から6月現在までに、「学術書チャリティ」を通じて17,646円ものご支援を頂戴しました。日本各地からのたくさんのご支援に、心から感謝いたします。いただいたご寄付は、こどもたちの孤立を防ぐ居場所「まかないこども食堂たべまな」の運営資源として大切に活かしてまいります。
 

新学期が始まってニューメンバー続々!

たべまな、毎回賑わっています。

新学期が始まり、毎回たくさんの参加でお茶の間はぎゅーぎゅー。
中学生が小さなこどもをだっこして、赤ちゃんのお母さんが小学生の宿題を見てあげて、高校生が中学生の恋の悩みをきいて...たべまなはまるで大家族のようです。

そして毎月誰かの誕生日。 ボランティアさん手作りのケーキでお祝いします。この日はアルバイトスタッフひなのちゃんのバースデー。パンダの立体ケーキにみんなびっくり!


森のたべまな、準備中です

新たな活動拠点、「セーフティシェアハウス森のたべまな」を準備中です。安全を必要とする女性・親子が自立の準備とセルフケアを行うセーフハウスとなります。
森の中に立つこの大きな家は、支援者の方が譲ってくださったものです。

☆セーフティシェアハウス森のたべまなとは→貧困や暴力といった事情で自宅が安全でなくなった親子や女性が自立に向けた準備とセルフケアを行う入居型のホームです。家を出たい、でもお金がないから部屋を借りられない。住所がないから仕事もできない。そうやって貧困は連鎖していきます。あるいは、自立を諦めて苦しい環境に身を置き続けることになります。とりあえず住む場所さえあれば…森のたべまなは、そんな止まり木のような家です。最長1年間の入居が可能。広い敷地の中には畑もあり(まだ草ぼうぼう…)将来的には農園での野菜収穫によってできる限りの自給自足を目指す予定です。

☆森のたべまなはみんなの居場所→森のたべまなは、安全を必要とする人の家であるだけでなく、人が集い出会う場所になります。庭でバーベキュー大会、屋根裏でお泊まり会や合宿、畑で野菜作り、たくさんのアクティビティが可能です(ご利用は会員制を予定しています)。安全を必要とする人が支援の「受け身」になるのではなく、人が集う居場所のマネージャーになります。そんな新しい形での「セーフハウス」が私たちのチャレンジです
 
安全を必要とする女性やこどもを守り自立を支援する民間シェルターは数が不足し、また住環境的な問題や社会と隔絶された環境から利用をためらう人も多くいます。そして、入居にあたってはリスクの高さが優先されるため、「(暴力の被害などが)低リスク」とされた人たちは制度の隙間に陥り、支援を受けられません。森のたべなははそういった「隙間」にこぼれ落ちてしまう人たちの家です。
 
ぜひ今後とも私たちの活動を見守り、またご支援ください。
活動の様子はFacebookページで随時更新しています。こどもたちの声や様子、こども食堂の空気をリアルに感じていただける投稿が満載ですので、ぜひFacebookページをフォローしてください。
KAKECOMIのFacebookページ→ https://www.facebook.com/kakecomi/